>

風俗求人の探し方、押さえておくこと

性風俗業には求人サイトがある

先の項まで、「性風俗関連特殊営業」は分類が多くあり、そして、法律で営業時間や立地に厳しい制限があるということを紹介しましたが、「何か働くのにはとてもハードルが高いのか」と不安になった方もいるかもしれません。
もちろん肉体的、精神的なハードさはありますし、接客業ではあるので、そういった意味でのハードさはありますが、風俗嬢に対して不当な待遇をすることは、直接法律に違反するケースが多いため、雇用側もお客さんも、働いてくれる女性たちを非常に大切に扱います。
また、普段は表に出にくいタイプの求人であるため、当然ハローワークに行ってもこの求人は得られません。
そのため、現在では性風俗業専門の求人サイトがあるのです。

働くにあたっての注意点などは

では、求人サイトを覗いて、面接を受けて、そして働き始めるに至るまでのそれぞれのステップで、何を気をつければいいのかということを考えていきましょう。
まず、どんな種類の性風俗店で働くかということですが、例えばソープは稼げる額が非常に大きいですが、肉体的負担が一番大きく、要求されるレベルも高いという面もあり、逆にヘルスは、身軽に働けて負担が軽いという反面、1回当たりの利用料が少ないので収入としてはソープには及ばないという面もあるということなど、各種類の収入や負担をよく知っておく必要があります。
次に面接ですが、主に店舗で行いますが、店舗はきちんと風営法の届出を出して、それをサイトや店舗のはっきり分かる場所に掲示しているか、質問にはすべて丁寧に答えるか、などをしっかり観察して、自分の身体を使って働く場所なので、シビアに見極めましょう。


この記事をシェアする