>

風俗の求人を「出す側」や男性向け求人

男性の働く場所はあるのか

さて、こうした性風俗店で働こうと思った場合、例えば「男性」には、働く場所はないのか、という疑問が湧くかと思います。
ここではサイトやショップ運営者という経営者、創業者という部分は省略し、実際に現場で働くことができるのかという点を解説します。
結論から言うと、あります。
例えば風俗嬢とお客さんを店舗まで送迎する車両の運転手、店舗の受付スタッフなどは男性が担うことが多いですし、これらの求人も定期的に募集されています。
また、女性向けの風俗店もあり、性交以外のサービスを提供する「女性向け出張ヘルス」などもあり、「男性版風俗嬢」とも言うべきサービスを提供している男性もいます。
女性は男性とはまた異なる性的サービスや異性交際的なサービスを求めるので、それに応えるため、彼らは日々外見やコミュニケーションの技術を磨いているという、ある意味女性の風俗嬢よりも厳しい競争を行っているのです。

雇用する側として気をつけること

最後に、風俗店を経営する立場の人が、風俗嬢を雇用するにあたって、気をつけるべきことを解説していきたいと思います。
まず、これはどういった働き方でも同じことですが、風俗嬢の働く動機やライフスタイルを尊重し、無理のないように働ける環境を確保することです。
これは、風俗嬢が身体のデリケートな部分を使って、過酷なサービスを提供しているという業務の性質もありますし、多くの方がそこで働いていることを公言していない、立場上できないという性質もあるためです。
そのため、一般的な職業の場合以上に、働いている人の待遇や労働環境を、法律で要求している以上に気をつけていかなければいかず、そしてそこを気をつけるという意識が、結果的には社会的な信用をより得ていくことができるようになっていくでしょう。


この記事をシェアする